東京の銭湯で身も心もリフレッシュ「清水湯」に行ってみた

SHARE

東京の銭湯で身も心もリフレッシュ「清水湯」に行ってみた

東京での疲れを癒したい人へ

最近、シャワーばかりだな・・・ゆっくり温泉でも行きたいな〜

そんなあなたに
東京の銭湯をご紹介します

記事の内容
  • 清水湯の紹介
  • 清水湯の場所

    武蔵小山駅から徒歩5分のところにあります

    清水湯の料金

  • 大人1人460円
  • 靴ロッカー代100円(返金されます)
  • ロッカー代100円(返金されます)
  • タオル50円
  • アメニティセット120円(シャンプー・リンス・ボディ)
  • ドライヤー無料
    化粧水美容液なし

    460円!結構安いんだねー!!
    そうなんだ!銭湯の値段は都道府県別で統一されていて

    福岡県 440円
    京都 430円
    大阪 440円
    東京 460円

    と安いんだよ!

    清水湯の温泉

    昔ながらの雰囲気がただようデザインの外観です

    なかに入ると、広く、開放的な空間

    温泉は、
    水風呂と黒湯、露天風呂と充実していました

    私は、30分の交互浴を楽しみました。
    1人で利用する方も多く、
    ゆっくり楽しむことができました。

    交互浴の効果

    交互浴って何がいいの?
    温めたり冷やしたりしていると血管の拡張・収縮が活発になって、①血流がよくなるよ。

    すると、疲労物質を血流と一緒に流してくれるから②疲労回復に繋がるんだ。

    また、③自律神経が整います!(自律神経が乱れると、長きにわたる疲労感が生まれるよ)

    2階には寝ころび処

    寝ころび処では、寝ころぶスペースがあり、誰でも利用可能です。

    3時間ほど利用させていただきました。
    用意されている座布団を利用して畳の上にごろり。

    周りのお客さんも、それぞれスマホに夢中で、
    周りの目は気になりませんでした。

    疲労回復には、銭湯へ

    日々の疲れが癒され、
    疲労回復や睡眠不足の解消に繋がります。

    是非1度足を運んでみてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です