荷物預かりサービス「ecbo cloak」を渋谷・新宿で使ってみた

SHARE

荷物預かりサービス「ecbo cloak」を渋谷・新宿で使ってみた

旅行中荷物を持ち歩くのが大変な人へ

荷物が大きい。でも、拠点が一つじゃないから、持ち歩かないといけない。
置くとこないかな〜

今回はそんなお悩みを解決!

記事の内容
  • ecbo cloakの紹介
  • ecbo cloakの使い方
  • ecbo cloakとは

    katyveldhorst / Pixabay

    駅近くのお店の空きスペースに荷物を預けるサービス

    コインロッカーに入らない大型の荷物も、「ecbo cloak」でなら預かり可能!
    手荷物300円/日キャリーケース600円/日ととってもお得に荷物を預けることができます。

    現在、カフェ・ゲストハウス・コワーキングスペース・シェアオフィス・カラオケ店・漫画喫茶・着物レンタル店・神社・東京駅構内など
    コインロッカーのかわりに、旅行の荷物などを、お店の空きスペースに預けられます。

    ecbo cloakの使い方

    ①アプリをダウンロード

    ②クレジットカード登録

    ③最寄駅近くで検索

    ④お店を選ぶ

  • 黄色の部分をクリックすると、ピンクの部分が出てきます。
  • ピンクの部分をクリック!
  • ⑤時間・荷物の数を指定

  • ピンクの部分の「チェックイン時間」「チェックアウト時間」を登録
  • MEMO
    手荷物300円/日キャリーケース300円/日なので、長時間に設定しておくのがオススメ
  • 黄色の部分の荷物の量を指定してください^^
  • 「予約内容を確認する」を押して、<<予約完了>>

    荷物を指定の場所まで、持って行ってこう

    荷物が大きい人におすすめ

    中には、ギターを預ける人も(笑)
    大きい荷物は邪魔ですよね。
    荷物がないだけで、どれだけ、気が楽なことか(嬉泣)

    是非観光の際に利用してください^^

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です